帳票印刷ソフトわくわく帳票アップデートとバージョンアップの履歴

不必要なバージョンアップは行わない方針です。

コラボでは、法令変更や大幅な機能強化によるプログラムの改変を行った場合のみ有料のバージョンアップでの対応とさせていただいています。簡単なプログラムの改善や機能追加などは、無料アップデートで対応しています。

わくわく帳票のアップデートとバージョンアップの履歴

2009年 12月 発売開始   わくわく帳票(見積・納品・請求書)の発売開始
2010年   税制改正や法令改正などによるバージョンアップは必要ありませんでした。 ユーザー様には、コストの追加負担なしに継続してご利用いただきました。
2010年 2月 OS対応 アップデート(無料) 64ビット版 Windows OSのサブシステム WOW64 に対応しました。これにより64ビット版 Windows OSで動作可能となりました。
3月 郵便番号
辞書の更新
アップデート(無料) 郵便番号辞書を更新しアップデートを実施しました。
2011年 8月 発売開始   わくわく帳票(締めができる見積・納品・請求書)の発売開始
  2011年および2012年は、税制改正や法令改正などによるバージョンアップは必要ありませんでした。 ユーザー様には、コストの追加負担なしに継続してご利用いただきました。
2012年  
2013年 11月 税制改正
機能追加
バージョンアップ(有料) 平成26年4月1日施行の消費税改正に対応し、8%の税率計算機能を追加しました。
操作性向上のためボタンの色やタブなどのデザインを変更しました。
11月 発売開始   わくわく帳票(納品・請求書)の発売開始
2014年 9月 郵便番号
辞書の更新
アップデート(無料) 郵便番号辞書を更新しアップデートを実施しました。
2015年 9月 OS対応   Windows 10で、わくわく帳票の最新バージョンが、正常に動作することを確認しました。

 

税理士田中先生のワンポイントアドバイス
(経理・法律に関する情報)

所有者不明の土地にかかる固定資産税は使用者が負担?

(2020年1月22日掲載)

ご存知ですか?この情報
(経理・法律に関する情報)

新型コロナウイルスに関する公的資金支援について
新型コロナウイルスで注目される連結納税制度

(2020年3月2日掲載)

ページの先頭へ